So-net無料ブログ作成

過半数代表者の選出について [労働基準法]

労使協定を締結するときには、過半数代表者の選出が必要不可欠です。

まず過半数代表者とは・・・

①その事業場に労働者の過半数で組織する労働組合があるときは、その労働組合
②その事業場に労働者の過半数で組織する労働組合がないときは、労働者の過半数を代表する者

となっています。

②による場合で「労働者の過半数を代表する者」の選出方法には、次のような方法があります。

・労働者全員を集めて挙手または投票により選出
・候補者の名前を書いた文書を回覧して信任を得る
・各職場ごとに代表者を選出し、これらの者の過半数の指示を得た者を代表者とする

反対に次のような場合は選出方法としては認められません。

・使用者が指名した者を代表者とする
・親睦会の代表者を自動的に代表者とする
・管理監督の地位(部長や課長)を代表者とする


代表者は労使協定の内容ごとに決めても、どの労使協定もある一定の人が代表になるということも可能です。
また、代表者には有効期間のような決まりはありませんが、任期を決めて「○年間はこの人が代表となる」という方法も可能です。
しかし、従業員が増えて過半数を割ってしまうしまうような状況になった場合には再選出が必要です。

実務的には、数年前に選出された人がずっと代表となっているというのでは、本来の代表の意味も薄れてきてしまうと思われますので、1年ごとに選出するという方法が妥当のようです。

このように労働基準法では代表者の選出には法的な縛りは特にありませんが、使用者が一方的に代表者を決めたり、候補者の選出に深く関与することを認めていません。
あくまでも労働者の代表ですから、選出する際には労働者が自由意思のもと選べる環境を整えてあげることが大切です。

株式会社ヒューマン・プライム/ヒューマン・プライム労務管理事務所 K

共通テーマ:仕事